オタパパブログ!

オタクのパパの日常

配達エリアの端っこギリギリで初UberEatsしてみた

どうもどうも。出前は町の中華料理屋が好きなボクです。

なんか数年前にワールドビジネスサテライトかなんかで見たなあくらいに思っていたUberEats、その時はそもそも六本木とかガチの都心のみだったし、別にそこまで出前取らんなぁと思っていたんですが、長男誕生で定例ボドゲ会開催地が我が家に移動し、赤ちゃんがいる以上「晩飯は外で〜」ができなくなり突如高まるデリバリー需要!

何回かLINEデリマ頼んだりしてたんですが、なんというか、その、飽きた。選択肢がなさすぎ! ピザかケンタかガストくらいしかねえ!

どうにか選択肢が増えんものかと調べてみたらUberEatsの配達エリアが広がって我が家もギリギリ含まれているじゃありませんか。

ということで、ボドゲ会前にたまたま今晩は出前取るか〜なタイミングがあったので試してみた。

 

UberEatsって何よ

ざっくり言うと出前館とかLINEデリマみたいな感じで宅配頼めるモノなんだけども、一番の違いは「配達するのは一般人」ってところ。お店が雇ってる人じゃない。

ボクはお店に注文する。お店は料理を作る。配達人がお店に取りに行って、ウチに届けてくれる。

配達用の人員を雇わずに済むので、出前をやってない店でもUberEatsはやってたりして魅力的なんです。

 

注文してみた

帰宅途中のボクが、自宅に届くように注文してみた。注文自体はアプリでスースーポンポンするだけ。決済もカードなので玄関先で受け取ったりする必要もなし。注文完了すると画面がこんな地図になって…

f:id:otapapa:20190319205936j:image

 

おお、モザイクでさっぱりわからん。左上の■がお店、右下の●がウチ。20:22に注文して、20:51に到着予定らしい。優秀〜! 帰宅前に届きそうだし、家人に受け取るだけだから〜などと説明する。

そして時は流れ…

 

動かざること山の如し

そろそろ届く頃じゃね?とか余裕ぶっこいて見てみたらコレです。

f:id:otapapa:20190319211215p:image

 

えっ…いや、20:51→20:54になってるのはいいけど、今20:49だよ? 準備してるって何? 作ってるってこと? 今作ってるのにあと5分で着くの? ていうか、もしかして配達してくれる人がいないのか…? 配達員が決まってから作るのか、見切りで先に作るのか、どっちなんだ!?

ヤバい、お試しにしてももう少し調べてからやれば良かったと後悔しつつ、慌てて注文キャンセルとか調べ始める。

アプリのヘルプによると、

ーレストランが注文を確認している間ー
請求は発生しません

ーレストランが注文を準備している間ー
配送手数料が含まれない商品全額分のキャンセル料金が発生します

ー配達パートナーが料理を届けている間ー
配送手数料が含まれた商品全額分のキャンセル料金が発生します

Uber Eats のキャンセル ポリシー | Uberより引用

 

今回、注文してすぐに「ご注文品を準備しています」に切り替わったので、その時点でキャンセルは全額払いになるということ。つまり、これ、いつ届くかわからないものを待ち続けるしかないのか…?

キャンセルできるなら「仕方ねえ、帰りにカレー屋寄って持ち帰りしてくるわ〜」も可能だが、全額キャンセル料では実質キャンセル不可だしどうしようもないぞ…困った…。

そうこうしているうちに、待機している家人からも

f:id:otapapa:20190320185845j:image

 

デスヨネー。ああ、困った。困ったけど、何も打つ手がない。いっそ自分で店に取りに行った方が早いんじゃないか…。

 

救世主いわゆるメシア現る

打つ手なしで現実逃避にグラブってたボクですが、ふとUberEatsアプリを見てみると…

f:id:otapapa:20190320191240p:image

!?

 

きた!配達員きた!

(青い○は既に家に向かって歩いてるボクです)

緑色のカゴを背負った配達員マークが表示されています。

注文が届くとわかって安堵するとともに、急に面白くなってきました。人間ってやつは!

 

f:id:otapapa:20190320191601p:image

 

注文を受け取ったらしく、配達員マークがグングン近づいてきます。自転車早いな!? 追いかけられてる気分です。

 

f:id:otapapa:20190320191752p:image

 

ああーっと抜かれ…あ!? ウチの場所が微妙にズレてます、コレ。番地は同じなんだけど、路地に入った方というか。あ、あ、通り過ぎて裏手に行ってしまった…。

 

神からのメッセージ、そして降臨

と、ここで裏手のマンションの方に行ってしまった配達員さんからメッセージが!

配達員さん<到着しました。何号室ですか?

ボク<一軒家です。地図がちょっとズレてて…

とかなんとかやりとりして、少し戻ってもらったら角に配達員さんの自転車が!

ボク<見えました。止まってください。

とメッセージを送って近づき、声をかけると、なんかいい感じの好青年が配達してくれてました。

家の前まで来てもらい、注文品を無事受け取り! ありがとう!

 

リザルト

ということで、無事晩飯にありつけました。

実際の経過を時系列にしてみると…

20:22 注文完了、到着予定時間20:51

20:58 配達員お店に到着

20:59 配達開始

21:06 注文品受け取り

当初の到着予定から15分オーバーでフィニッシュです。初めてだったので、途中絶望したりしましたが…とりあえず、試してみるなら30分くらい余裕を見たら良いんじゃないかな、と思いましたっと。

あ、届いたキムチチゲは美味しかったよ! 一回り大きい刻み海苔くらいのサイズに切ってある韓国のりもビニール袋に山ほど入ってて、その後一週間くらい楽しんだとさ。おしまい。